【美容整形初心者も必見】ボトックス注射で小顔ブームの波に乗ろう

ボトックスについて知ろう

看護師

ボトックスとは

美容整形と言えばメスで皮膚を切り、骨を削るイメージを持つ方も多いかと思います。しかし、最近はメスを使用せずに小顔になれる美容整形もあるのです。それが、ボトックスを用いた美容整形です。ボトックスとはもともと、米国で作られた製剤の名前を指します。ボトックスの成分となっているのは、ボツリヌス菌から作られる「A型ボツリヌス毒素 」です。ボツリヌス菌自体は食中毒を引き起こすほどの毒性を含むものですが、美容整形で用いられる際は無害となるように食塩水で薄めるため問題ありません。ボトックスの持つ主な効果は、筋肉の働きを弱める事です。張った状態の筋肉をほぐすので、顔についた筋肉をほぐし小顔にさせてくれます。ボトックスは美容整形のほかにも、まぶたの痙攣や顔面麻痺などさまざまな疾患の治療に使用されています。現在、ボトックスの種類は米国産のものや、韓国産や中国産のものがあります。韓国産や中国産の製品は価格が安いのが特徴ですが、安全性を心配する声もあります。どのボトックスも体に影響のないように加工はされていますが、出来るだけ安全度の高いものを選ぶ事が良いでしょう。もしもクリニックでボトックスの種類を選ぶ事が可能なら、厚生労働省からの認可を受けたボトックスを選びましょう。

ボトックス注射にかかる時間と費用

ボトックス注射は他の美容整形に比べて、非常にスピーディーに施術を終えられる事が特徴です。施術時間は、早ければ5分程度で終わります。長くても30分で完了するので体にかかる負担はほとんどありません。メスを用いた大がかりな手術は何時間もかけて行うため、体にかかる負担が大きくなります。ですが、ボトックス注射であれば素早く終えられるので時間がとれない人も気軽に受けられるでしょう。また、美容整形に対して「莫大な金額がかかる」とマイナスイメージを抱く方も多いかと思います。しかし、ボトックス注射はクリニックによっては1万円程度で受けられる場合があります。初回お試し価格やキャンペーンを利用する事で、よりコストを抑えて手術を受けられる事も出来ます。手術費用のために長く貯金を行なう必要もありません。1度の手術費が安く済む点もボトックス注射の魅力の1つです。

知っておこう!ボトックスのデメリット

施術時間がとても短く、かつ、1度の費用が美容整形の中でも安価なボトックス注射。しかし、ボトックス注射は効果が長く続くわけではありません。もし小顔の効果を持続させるには、定期的にボトックス注射を受ける必要があります。ボトックスを体に注入してから効果を感じられる期間は約半年から1年だと言われています。個人差もありますが、数年で効果は切れるでしょう。効果を持続させるには、効果が切れるタイミングで再び施術を受ける必要があります。この事から、結果的にトータルでかかる施術費用は高くなってしまうのがデメリットだと言えます。何度もクリニックに通いたくない、費用は多少かかっても良いから1度で施術を終わらせたいという場合は、メスを用いた施術が向いているでしょう。ただ、メスを使用すると大がかりな施術となり、体にかかる負担が大きくなります。コストも何百万とかかる場合もある事を理解しておきましょう。しかし、自分の目的や予算に合った施術を受ける事がベストなので、カウンセリングでドクターに相談し自分に合った施術方法を選びましょう。また、ボトックス注射はシワの改善を行う事も可能ですが、表情筋を動かす事により生まれるシワにのみ効果を発揮します。筋肉の動きが原因で生まれるシワには効果的ですが、逆に筋肉の動き関係なく生まれるシワには効果を発揮しません。そのため、加齢によって出来るシワにはヒアルロン酸を注入する施術のほうが向いています。全てのシワに対応出来るわけではない、という点を理解しておきましょう。ボトックス注射のほかにも美容整形にはさまざまな方法があるので、カウンセリングの際に自分にはどの施術が適しているか相談してみましょう。

Copyright© 2019 【美容整形初心者も必見】ボトックス注射で小顔ブームの波に乗ろう All Rights Reserved.